ハエ対策。ハーブを育ててみる事に。

こんにちは Lilyのママです。

前にドイツの嫌いなとこ…の話で書いた事があるのですが、

いまだにドイツの虫の多さに慣れることができずにいます。

ドイツでも場所によると思うのですが、

私が住んでいる所は田舎で周りが農場だらけなので、夏は虫だらけでツライです。( ;∀;)

刺したりしない無害な虫は、じっくり見たりしなければ気にならないのですが、

ハエが本当に嫌です。

多すぎです。

家も車も少しでもドアを開けっぱなしにしてしまうとハエが入ってくるドイツの夏。

何故か耳のすぐ近くを「ビュンッ」と音をたてて飛ぶ彼ら。

威嚇してるのかな?

本当にうざったいです。(/_;)

去年は虫除けとしてミントとラベンダーを玄関前の鉢に植えていたのですが、

ハエには全く効果ありませんでした。

いちいち殺すのも気持ち悪いので、虫が寄って来ない方法が他にないかと、ネットで色々検索しました。

そこで目に止まったのが「タンジー」というハーブです。

タンジーは花も葉も防虫効果があり、寒さにとても強く、丈夫なので初心者でも育てやすいんだそうです。

なので今年はタンジーの虫除け効果を試してみようと思い、さっそくアマゾンで種を注文しました。

タンジーの種は米粒よりも小さく、細長いです。

タンジーの種

パッケージには発芽温度は20℃と書かれていましたが、

外の気温が20℃になってから種をまいても夏に間に合わないので、

今のうちから室内で育てて、夏頃には葉がある程度大きくなって防虫ハーブとして役立ってくれるだろう…という計画です。

それで先週の木曜日、小さなプランターに種をまいて、窓辺のヒーターの上で育て始めました。

タンジー種まき

外はまだまだ10℃以下ですが、ヒーターの上だと24℃でとても暖かいです。

そして種をまいて5日目に、早速、芽が出てきました。

とても細いです。↓

タンジーの芽

今日、種まきから7日目の様子。↓

タンジーの芽

種が小さく扱いづらかったので、

数も数えずに適当にパラパラっとまきましたが、

結構発芽してます😍

とても細くて少しでも乾燥すると枯れてしまいそうなので、気をつけたいです。

これから花が咲くまで、ちょくちょくタンジーの成長日記を残していこうと思います。

ちゃんと大きく育って、ハエ除けの役割を果たしてくれますように。

枯らさないように頑張りま〜す。(๑•̀ㅂ•́)و✧